RSS
Admin
Archives

うさごやだより

しまの作る、ぬいぐるみと、飼ってる猫たちのことなど

プロフィール

しま

  • Author:しま
  • 『うさごや』という屋号で
    ぬいぐるみを作ったり、絵を描いたりしています。

    http://www.geocities.jp/usagoya/

    Twitter http://twitter.com/awkbohg

    うさぎにハマったのは、うさぎの『おはぎ』を拾ってから。それ以降うさぎ物をいろいろと作っています。

    おはぎは七夕の夜に、7才7ヶ月で月へ帰りましたが、我が家にたくさんのギフトをもたらせてくれました。何より彼自身、面白いコでした。

    動物のいない生活が2年...これは自分にとって不自然な状況かも...と思い始めた時、小さな小さな猫を2匹拾いました。それがこの日記に登場している『あわ』と『きび』姉妹です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04
20
Category : しまの日々
日本科学未来館 http://www.miraikan.jst.go.jp/

なんとも魅力的な名称の博物館へ行ってみた。

100417_1518~01

博物館お約束のお楽しみ、押しボタンももちろんありますが
ちゃんと説明文を読んで『なるほどな~』とか『そうなのかぁ~』と
感心&発見する、そこまで興味を抱かせてくれるような造りになってて
気が付いたら閉館時間が迫ってた、という感じ。

環境問題についても学べるようになってて、科学の目で見ると
こうだよ、ってのが知れるのがいい。感情的にエコエコ言われると
反発したくなるあまのじゃく。


100417_1538~01

時間なくて、これの中にも入れなかったよ。
テレビで、しょこたんがこれで深海に行って興奮してたのは見た。
すごいコだ。月に降り立つのと同じ貴重さなんですって。
ギガント勇者すなぁ~


一番の目的はプラネタリウム。
テレビ番組で大平さんを見て、好きが高じて産み出た凄いプラネタリウム
ってのを体験してみたかったので。熱中・夢中のパワー大好き。

ところがこれ、現地先着順のチケット予約制になってまして
当日の朝10時からチケット配布、とある。土日はすぐに満席になるとか。
これは朝いちで行かねば。と、頑張って10時半に到着。
すでに結構席、埋まってました(汗)))

で、肝心の星々は...



すっごい星いっぱいあったし綺麗だったよ.....

でも.... 星座や星の説明も、イベントも動きも何もなかったので
どうしよう....って感じだった(^^;
途中、いびきまで聞こえてきたし...
麻生久美子のナレーションは可愛かったよ。

あと、もっとクリアに見えるのかなー と思ってたけど
あれは設営の問題? しょっちゅう目をギュッとしたりして
ピント合わせをしようとしてしまった。

もう一個のプログラム『Atmosによる立体映像』ってのほうが
面白そうだったかな? 帰宅してから気が付いた。(><)
国立天文台の開発した4D2Uによる立体映像...
これってハワイ島のイミロア天文センターで見たよ!
そこではモノクロ映像だったけどホント、鼻先にまで星が飛んできた。
それがプラネタリウムの大きさで見れるんなら...凄くない!?

...って、また期待が大き過ぎてがっかりしないように自重せねば^^;


この雑誌、クロアチアって文字が目に留まって棚から引いてみたらば
ハワイ島特集で2重に買う理由が出来たんだけども

Coyote (コヨーテ)No.41 特集:史上最悪のハワイ島縦断Coyote (コヨーテ)No.41 特集:史上最悪のハワイ島縦断
(2010/02/10)
新井敏記

商品詳細を見る


メインのリンさんによる島縦断レポよりも、読んでいて
楽しかったのが、すばる望遠鏡を建設した海部さんのインタビュー。
観測のためハワイ島に暮らしていたとあって、島の話も面白いし
なにより、星と文学(主に和歌)との関係の考察が楽しかった。
『月』はよく詠まれるけど『星』の歌が少ない理由は? とか...

> よく科学が進むとロマンが失われるといいますが、それは違うと
> 思います。むしろ知って見ているからこそ、壮大な自然を思い
> うかべることができる。(上記インタビューより引用)

深~~く研究し尽くした人の、体験からくる言葉は惹かれます。
これだけ科学が進歩してるのに解らないこと、ってのは
さらに魅力的でもあったりして。きぃちゃんの謎も引力強い(笑)


私が一番、星をたくさん見れたのは新潟の伯父の家にて。
小学生か中学生の夏休みで、蛍を見ようとしてたのか
星が見たかったのか、サンダル引っ掛けて外に出てみた。
目が慣れなくて真っ暗だったので、空を見上げたら
大きな杉の木々の間の空が、白い粒粒でびっっっっしり覆われて、
目が離せなくなりしばらく見ていたら、その星全部がググ~~~ンと
こっちに降りて来くるように見えて、本気で怖くなって家に飛び帰った...
という話。

『星の 星々の...』ってのは、この漫画↓の中の詩の冒頭。

海獣の子供 4 (IKKI COMIX)海獣の子供 4 (IKKI COMIX)
(2009/07/30)
五十嵐 大介

商品詳細を見る

星と海と生命と。


ハワイ島やロッキー山脈へ行った際、満天の星空も楽しみにしてた
のだけど、どちらでも残念ながら薄い雲がいつもかかっていて、
ど迫力体験は出来ていない。(;;)今年もどこかでリベンジしたい。



Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。