RSS
Admin
Archives

うさごやだより

しまの作る、ぬいぐるみと、飼ってる猫たちのことなど

プロフィール

しま

  • Author:しま
  • 『うさごや』という屋号で
    ぬいぐるみを作ったり、絵を描いたりしています。

    http://www.geocities.jp/usagoya/

    Twitter http://twitter.com/awkbohg

    うさぎにハマったのは、うさぎの『おはぎ』を拾ってから。それ以降うさぎ物をいろいろと作っています。

    おはぎは七夕の夜に、7才7ヶ月で月へ帰りましたが、我が家にたくさんのギフトをもたらせてくれました。何より彼自身、面白いコでした。

    動物のいない生活が2年...これは自分にとって不自然な状況かも...と思い始めた時、小さな小さな猫を2匹拾いました。それがこの日記に登場している『あわ』と『きび』姉妹です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11
10
Category : しまの日々
スクリーンで、美しい男(ひと)達を観てきました。


『風が強く吹いている』http://www.kaze-movie.com/


『Michael Jackson THIS IS IT』
http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/



『風が強く吹いている』

陸上競技への興味は、TVで五輪と世陸を見る程度。
この映画のモチーフである箱根駅伝は、TVでも観たことなかった。
旅行の供に...と本屋で物色してる時に、この映画の原作が目にとまり
読んでみることにした。テンポがよくって読み心地のいい本だったけど、
男子大学生の会話っつーか、じゃれあい?が自分にはしっくりこなくて
モヤモヤした。漫画好きな女性が想像する萌え男子、みたいな。
全体は少年漫画の王道みたいな感じで、安心して楽しめました。
あぁ、これキャラクター達の顔が見えても楽しそうだな~
って、漫画化もされてるんですね!読みたいっ。

映画は若手美形の俳優さん達が大学生達を演じるので、もしかして
私が引っかかってた部分が解消(緩和?)されてるかも!?と思ったら
うんうん、その辺は納得いった。しかし台詞が聞き取れないことが何度も
あった。走り終えたシーンだから、ってのもあるけどそうじゃない所でも。
もったいない事です...

林遣都の走る姿の綺麗なこと! 本当の選手を見てるかのよう。
これでもう、映画(原作)の目的半分は満たされた!?
小出恵介はなんて正統な二枚目。(^^)見ていて安心すら感じる。
役柄からか、常に笑顔なところと、滑舌が良く腹から出てるような声を
聞いていて、ちょっと堺雅人を思い出したりした。
他のアオタケメンバーも、それぞれのキャラクターが出ててよかった。
2時間じゃ短くて、一人一人のエピソードを盛り込めなかったけど。

ちょっとこれは... って思う演出も何カ所か。特にラスト。
でも走りのシーンに感動できれば、まいっか ってな気分に。
もっと走行中の選手をいろいろに撮って見せてもらってもいい。
オリンピックでマラソン競技を見ていて、飽きもせず2時間
見れちゃうわけ。そこへ映画ならではのアングルがあれば...!

しかし今ほとんどの邦画がそうなんだけど、これもデジタル映像で
カメラが横移動したり、選手の走りに着いて行けなくて絵が荒れちゃう。
スローモーションの時は綺麗だったけど。
せっかくの走りが... もったいない! フィルムで撮ってぇ~
だからもしかして、フォトブックなんてあったら綺麗かもしれない。
(ホノカアボーイん時も思った。写真で見ると綺麗なの。)

来年の正月は、テレビで箱根駅伝見ること決定。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

たんっ...のしかった!! ライブの楽しさみたいな。
かっっこいい! キレイ! セクシー! かわいい! 可笑しい!?
もう、マイケルがマイケル過ぎて、カッコいいんだけど笑っちゃう。
一曲終わるごとに拍手したかった!
マイケルに煽られるまま、立ったり手拍子したりフゥって言いたかった!

ゴージャスで完璧で、関わる人は超一流。
でもマイケルはまだまだ極めようと真剣だ。
それはファンのために、どこまでも誠実すぎるほど誠実なんだ。
スタッフもそれに応えるため一生懸命だし、それが喜びでもある。
こんなライブに行けたら.... サイコー過ぎて大変かも。

しかしそれは実現しなかった。
その事実が頭をかすめると、涙がとまらない。
素晴らしい映像と、尊敬しあう人々の美しさと、
かわいらしい言動やしぐさに笑顔になりながら...。

ダンサー達の踊りも素敵で、こんなに動けたらさぞ
気持ちよかろう... と、うっとり&モゾモゾ。オドリタイッ

ぜひ、真似したいマイケルの言葉...
『怒ってるんじゃないよ、愛だよ。エル、オー、ブイ、イー。』
素敵すぎっ。える、おぉ、ぶい、いぃ。マイコォッ!!


映画館でスタンディングDAYってのを設けてもイイんじゃないかと。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。