RSS
Admin
Archives

うさごやだより

しまの作る、ぬいぐるみと、飼ってる猫たちのことなど

プロフィール

しま

  • Author:しま
  • 『うさごや』という屋号で
    ぬいぐるみを作ったり、絵を描いたりしています。

    http://www.geocities.jp/usagoya/

    Twitter http://twitter.com/awkbohg

    うさぎにハマったのは、うさぎの『おはぎ』を拾ってから。それ以降うさぎ物をいろいろと作っています。

    おはぎは七夕の夜に、7才7ヶ月で月へ帰りましたが、我が家にたくさんのギフトをもたらせてくれました。何より彼自身、面白いコでした。

    動物のいない生活が2年...これは自分にとって不自然な状況かも...と思い始めた時、小さな小さな猫を2匹拾いました。それがこの日記に登場している『あわ』と『きび』姉妹です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10
17
Category : しまの日々
20061017000054.jpg

YOSHITOMO NARA + graf AtoZ へ行ってきました!

続きは長くなるので下↓の『続きを読む』で...。

これから展覧会へ行くかたで、事前に内容を知りたくないかたは
読まないほうがイイかもですヨ☆ご注意あれ!


ず~~~っと行きたかった展覧会、やっと行けました!!
http://a-to-z.heteml.jp/modules/news/
ほんとうに嬉しくて、楽しくて、面白くって
ず~~~~っと顔が笑いっぱなしでした。

弘前へは、2002年の奈良美智さんの個展
『I DON'T MIND,IF YOU FORGET ME.』以来2度目です。
もしかしたら、こおいう機会がなければ訪れていないかもしれない土地。
片道6時間かかっても宿を確保してでも『絶対に行く!』と
ここまで強く決意させるのは、奈良さんの作品を観たいのはもちろんだけど
会場が美術館ではないこと、それも大正時代に建てられた素敵な煉瓦倉庫、
スタッフは奈良さん好きのボランティア、その人たちみんなで設営、運営、管理
全部を手作りで作り上げた....そんな展覧会、見たことも聞いたこともない。
で、4年前(もうそんなに経つんだ!?2年くらいかと思ってた...)観に行って
横浜美術館でも見ていた作品たちが、まったく違う感動をあたえてくれて
この時は『すごい、すごい!』と、ブルブル震えっぱなしでした。(^^;

20061017000055.jpg

今回の『AtoZ』は、倉庫の中にた~~くさんのgraf小屋が建っていて
ちいさなかわいい街のよう。薄暗い中、はだか電球がぶら下がったりしている風情が
夜の祭りか移動式遊園地みたい。それは日本でもない、どこか外国でもない...
誰かの夢の中の風景か、映画や絵本で見たのかな?と思うような雰囲気。
それが現実に目の前にあって、階段を昇ったり窓を覗いたり小さい入り口をかがんで
通り抜けたり。なんて不思議で面白くって楽しいんでしょう!!

子どもの時にこんな体験をしたら...どんだけ素敵な記憶になるでしょう!?
実際会場には、ちいさな子どもたちもたくさん来ていましたが、みんなキャイキャイと
とても楽しんでいました。

奈良さんがブログに『見逃しがちなポイント』として、いくつか書かれていましたが
たしかに、薄暗いし、覗き穴の奥に作品があったり、変わった構造の小屋だったりして
全部見逃さずに見れるか心配になった私は、小屋の裏へまわったり、しゃがんだり
隙間を覗いたり、上を見てみたり、そうとうぐるぐる見回していました。
なので時々休憩を入れないと、目が回って...前日興奮のあまり寝てないし...。
でも会場内のあちこちにベンチや椅子があるので助かりました。
座ってじっくり作品を眺めたり、小屋を行き来する人の様子を見るのも楽しかったです。
みんなホントに楽しそうだった! ニコニコして、キョロキョロして、友達や家族と
おしゃべりしながら『あっちは見た~?』なんて言ったりして...。
探検気分です。

今回ゲスト参加されてる三沢厚彦さんの作品は、銀座の画廊で見た時も
動物たちのたたずまいと、そのカタチ、表情、質感などなど...とても面白くて好みで
素晴らしいね~~、と一緒に見た夫と感動してました。
http://www.nishimura-gallery.com/artists/misawa/misawa3.html
なので、弘前で三沢さんの動物たちに会えるのも楽しみでした。
ところがところが....いい意味で驚かされました。その展示の仕方に!

動物たちは大人しく小屋に並んでいるのではなくて....
天井をぶち抜いて屋根から顔を覗かせていたり、小さい小さい窓の向こうに隠れていたり
空を飛んでいたり、塀の上を歩いていたり、奈良さんの作品を凝視していたり(笑)
のびのびと夢の街の中で動きまわっていたのです。

私ら夫婦ふたりとも、須田悦弘さんの本物そっくりな植物彫刻が大好きです。
さらに須田さんの彫刻は、見つけづらい場所にこっそり展示されるので
それを探す行為がまた、面白くて楽しくて笑ってしまいます。
(アスファルトの隙間から生えてる雑草を『もしかして須田さん?』と言い合ったり)

今回の三沢さん作品も、街のどこに潜んでいるかもわからないので
目を皿にしてぐるぐる見回して、『いた~~っ!』と笑っておりました。
後に得た情報では『隠し動物』は8匹いるそうです。よかった、全部見つけてた!
私はあの動物たちの後ろ足が特に好き。ピーンと真っすぐ立ってて、健康そうで。

ポッドキャストで奈良さんと豊嶋さんがAtoZの解説をしてくれてるのを
聞きながら展示を見て回れるのですが、その中で三沢小屋の天井に開いた穴から
はしごを昇って顔を出すと、ちょっと恥ずかしくって笑ってしまいますよ、と
おしゃってました。(これは展示を見た後にipodで聞いたのですが)
その訳、体験でわかりました。(笑)
AtoZ制作のための設計図というか、ファックスのやりとりも展示してあって
そこに『三沢ホーム』と書いてあったのも可笑しかった。


『DOORS』という小屋はドアがたくさん並んでいて、全部の部屋に奈良さんの作品が
展示されてるんだけど、せっかく『ドア』....部屋に入ってドアを閉めたくなったんです。
で、ひとりで狭い部屋に入り、夫に外からドアを閉めてもらったんです。
うわ、圧迫感?不安になったのか、ドキドキする~ ってトコで夫がドアを開け
『閉めないでください~、って注意されちゃった~^^;』はぁ...ほっとした~~。
監視ボランティアのかた、すみませんでした~~~

韓国ソウルの展覧会で、見に来た人たちが描いた奈良絵のイラストが
壁一面に貼ってある部屋があるのですが、それも全部奈良さんが描いたんだね~ と
言ってる人や、ゲスト参加の松本大洋さんの作品を見て、こおいう絵も描くんだね~ と
話してる人もいました。そおいう間違いも間違いではない、と私は思いました。
見終わってから何かの拍子に『あれはそおいうことだったのか!』と気づく時が
来るかもしれない...。そおいう瞬間って、はじめっから『これはこうなんだ』って
知って見るよりもよっぽど衝撃的だし、より奈良さんのことを知りたくなるような...
そんな気がします。

私は事前情報はなるべく目にしないようにして会場へ向かいました。
(弘前美味しいもの情報などは見たり聞いたり用意周到。)
発見は自分の目でしたいのです。体験して、驚きたいのかもしれません。

2階にあがり、長くて真っすぐ伸びる桟橋を渡りながら、頭の上の梁にも目をやりつつ
...奥の部屋にたどり着いた時、ほんとに息をのむってこおいうことか!ってくらいに
ハッとしました。ほんとにびっくりした!! すごい! 圧巻。

次の次にある部屋の、打ち合わせ部屋みたいな展示は夫の仕事場みたいで、
『スケジュール表とかメモとか取っといて、こうやって展示しちゃえば?』なんて(^^;

併設のカフェは、大阪grafの1階で展示されていた『Home』小屋を使ってるのですが、
私、ここに自分のぬいぐるみを置くために...日帰りで東京ー大阪間往復しました。
滞在時間、3時間。で、カフェで美味しいアップルパイを頂きながら、そのぐるみを
探しておりました。.......いました!!展示期間中、このコも頑張ってるかと思うと
我が子の運動会を見る親のよう。嬉しいやら頼もしいやら...感激です!!
kaorabi.jpg
このタイプのコです。テレビの脇におりました。

grafで初めて奈良さんがやった展覧会『S.M.L』の時も、ぬいぐるみを作って送り
参加させて頂きました。作品集の写真の中に自分が作ったコを見つけた時も嬉しかった。
その時頂いた奈良さんからのお礼ハガキは宝物です。壁に貼ってあります。
嬉しすぎて、ハガキを持つ手を震わせながら小躍りしました。


弘前へ向かう新幹線の中で、夫にこんなコトを言いました。
『長いねぇ....(距離が)。でもヤンキースの松井なんかは毎週のように
これくらい、いやもっと長い距離を移動しながら仕事してるんだよねぇ。
すごいねぇ。アーティストとかもそうだけど......。そおいうツアー、やりたい?』
やってみたい、とは答えてましたよ(^^; 体力もつのか?
自分の作品持って、あちこち旅しながらそこの土地の人たちに見てもらって...と。

ポッドキャストでの奈良さんと豊嶋さんの話しを伺って、あっ、これか?と思いました。
奈良さんとgrafはツアーしてるんだ、その土地の人も巻き込みながら。
行く先々でいろんな体験をしながらみんなでひとつの物を作り上げ、完成させて
一緒に喜ぶ....。そりゃ楽しかろう、さぞかし...(想像)(^^)
でも絵を生みだすのは一人でしか出来ないから、その苦しみとやりとげ感は変わらずある、
そしてそれを待ってるチームの人たちがいる...。
信頼と相乗効果と責任と。そおいうチームの集大成を私は見れたんだな~~。
今、あそこで、あれを見た。絶妙なタイミングの出会いに参加したみたい...。

幸せだと思う。
ありがとう。

そしてこれからも、どういうものを見せてくれるのか...楽しみにしています!

私は奈良美智さんの作品の中で、大きな絵が見ていて一番気持ちいいです。
見てるとずぶずぶ...と絵の中に溺れていってしまうような感覚。
『the little judge』という絵が特に好きで、このコを S.M.L で人形にしました。
絵と対面し、じっくり耳をそばだてて、絵の声を聞く....。
そおいう絵の見方もまた体験したいし、AtoZのように探検を楽しむのも面白い。
どおいうカタチになっても、やっぱりこの目で確かめたい。

それと....売り切れだったマグカップ! 欲しかった!(^o^;

まだまだ旅のことでは書くことあるのですが
(弘前での夕飯のこと、土産のこと、青森美術館のこと)
それはまた明日~~

へば!




Comment

非公開コメント

あ!

あ~っ!!行ってきたんですねえ。いいなあ~。

よかったですよ~~

残念なことがひとつ。
前の日寝れなくて、化粧もせず顔と髪がボロボロだったこと....(;;
例えばベックちゃんのライブに行く時、万全の体制で向かいたい。
そおいう気持ちでいっぱいでした...ツアーだし。

でも中に入っちゃえばそんなこと微塵も思い出さなかったけど。
ただ、明るい場での記念写真は...やばいです(泣)

お客さんは

女の子が多いんですけど、彼女らがまた
わたし好みな可愛い恰好してんですよ~~(笑)
ハチクロっぽい感じというか...美大系?

しまサン コンニチハ♪

いつも読み逃げばかりでコメントを残さず ゴメンなさいデス。

ニコニコ *^-^* るんるん *^-^* Happyな時間を過ごされた様子が
伝わって来て 続きのレポートを愉しみにお待ちしております。

私は結局 行く事が出来ず…
せめて金沢には行きたいと思っているところです。

わ~い、tae*さん

読み逃げ?それはワタシもデスヨ~~(^^;
でもこうしてコメント頂けるとウレシイものですね♪
ありがとーーー☆

続きを書いたのですが、アートの感想よりも食べ物にについてのほうがアツい...(笑)

金沢も面白そうですねーー
こどもたちが奈良犬の着ぐるみを着て館内を練り歩く...
見てみたいです!

ワンコ服は大人用ないんでしょうか...?(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。