RSS
Admin
Archives

うさごやだより

しまの作る、ぬいぐるみと、飼ってる猫たちのことなど

プロフィール

しま

  • Author:しま
  • 『うさごや』という屋号で
    ぬいぐるみを作ったり、絵を描いたりしています。

    http://www.geocities.jp/usagoya/

    Twitter http://twitter.com/awkbohg

    うさぎにハマったのは、うさぎの『おはぎ』を拾ってから。それ以降うさぎ物をいろいろと作っています。

    おはぎは七夕の夜に、7才7ヶ月で月へ帰りましたが、我が家にたくさんのギフトをもたらせてくれました。何より彼自身、面白いコでした。

    動物のいない生活が2年...これは自分にとって不自然な状況かも...と思い始めた時、小さな小さな猫を2匹拾いました。それがこの日記に登場している『あわ』と『きび』姉妹です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08
22
Category : しまの日々

奈良美智さんの展覧会へ行ってきました。
横浜美術館 http://www.yaf.or.jp/yma/index.php

ひっさびさに奈良さんの大きな絵を見られて、嬉しかった!
11年前、同じ横浜美術館で、初めて奈良さんの絵画を見た時
ぶくぶくぶく。。。と、絵の中に溺れる感覚になったのですが、
今回、久々にあの時のような感じになれました!



20120820.jpg




特に『春少女』↓ この本の表紙の絵...


NO NUKES 2012 ぼくらの未来ガイドブックNO NUKES 2012 ぼくらの未来ガイドブック
(2012/07/13)
坂本龍一+編纂チーム

商品詳細を見る


この絵の前から離れられなくなりました。
これは震災後、どうしていいか解らなくなって、でも強い気持ちも持ってて
怖くて、悲しくて、絶望して、希望を見いだしたり、
怒ったり、奮い立ったり、無力感に苛まれたり、
もう、いろんな感情がどっと詰まったあの気持ちの顔だ....。

他の絵にも、そおいう感じが詰まってるコもいますが、とにかく私はこのコに
惹かれ、しばらく見ていると泣けてきて堪らなかった。

そおいう絵を、またこうして見られてよかった。


会期中に、もう一回 見に行こうと思う。




2006年に、弘前の煉瓦倉庫で行われた A to Z 展での、うさごやレポ...
http://usagoya.blog10.fc2.com/blog-entry-110.html
テンション高めです...(^^; コーフンしてます。


::more
スポンサーサイト
2012.08
04
Category : しまの日々

五輪観戦により、テレビに釘付けです。
テレビで放送してない競技も、ネットで生中継していて
解説も実況もないから静かで、けど声援とかはそのまま聞こえるし
ちょっと会場にいるみたいな雰囲気で、これもまたイイ。
詳しいルールは解らないけど。

で、「やったーーー!」とかツイートするのに i pod touch 使ったりして
こんな ↓ 状態の時もありました.....(^^;

20120803.jpeg

さすがにコレでは目も頭も持たないので、やめときます。

でもテレビで滅多に放送しない、馬術とかカヌーとか射撃とかアーチェリーとか自転車とか
一流の選手が素晴らしい競技をしているんだもの、観ていて楽しい! もっと観ていたい!
フェンシング会場なんて真っ暗の中、赤と緑の直線ネオンがパシーーッと引かれて光ってて
まるでトロン。映画観てないけど(^^; すごくカッコイイ。

馬術のクロスカントリーコースは、緑の公園の中にオブジェのような障害物が設置されて
それが、お城や小屋だったり、月や土星や船などで、市場にキノコもヤギもいました。
もちろん作り物ですけど、フルーツバスケットの棚の果物だけは本物!
それを飛び越さずに、お馬さんが競技中に食べちゃったら...大きく減点です。><
何より、緑の中を疾走する馬と、柔らかく、しかし凛とした騎手の美しいこと。

ダイジェストですがアーカイブもあるので、好きな時に観られます。
http://www1.nhk.or.jp/olympic/movie_portal/



それにしても、妙な審判が目立ちますね。
あと、対戦相手をリスペクト出来ないなんて問題外。
ひとりじゃメダル得るための試合も出来ないんだぞ、と。

客席で観戦してる人々にはフェアな雰囲気が感じられて、感動すら覚えます。
よい試合をしている選手には、国を問わず大声援と拍手を贈る。
無念の棄権をした選手には、涙を拭う。
遠い地で、一緒に観戦して一緒に感動してるようです(^^)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。